055-956-3909

受付時間:平日9:00〜17:00

お問い合わせ
ハンバーガーメニュー
閉じる

BLOG

お知らせブログ

「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」~M&A取得価額の70%を損金算入~

M&A
2021.04.08

「令和3年度税制改正大綱」で公表された税制改正のうち、「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」については、M&Aで取得した株式等の取得価額の70%を損金算入可能とする内容になっています。詳細は法案公表後に確認が必要ですが、M&Aに関わる経営者にとって関心が高い制度のため、制度の概要を説明し、地域の中小企業M&A市場においてどのような影響が考えられるかをお伝えいたします。

「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」とは?

<概要> 

1.  M&A実施後の積極投資や雇用確保を促す観点から、準備金制度の適用が認められること

2. 中小企業経営強化税制(即時償却など)の適用

3. 所得拡大促進税制の上乗せ処置の適用を容易化

(準備金制度のイメージ)

自民党が公表した「令和3年度税制改正大綱」では、「中小企業の経営資源の集約化による事業の再構築などにより、生産性を向上させ、足腰を強くする仕組みを構築していくことが重要」であり、経営資源の集約化により生産性向上等を目指す計画の認定を受けた中小企業に対して、「中小企業の株式取得後に簿外債務、偶発債務等が顕在化するリスクに備えるため、準備金を積み立てた時は、損金算入を認める措置を講ずる」と記載されています。

制度創出の目的は、中小企業の経営資源の集約化による事業再構築により、生産性を向上させることであり、中小企業をM&Aで買収した際に、売手企業の簿外債務・偶発債務等のリスクに備えることを理由に、準備金として積み立てたものに関しては、損金算入を認める内容になっています。

本税制は、「中小企業等経営力強化法」が改正されることが前提になっております。

中小企業者は、令和6年(2024年)3月31日までに、「経営資源集約化措置(仮称)」が記載された中小企業等経営力強化法の経営力向上計画の認定を受ける必要があります。 

認定を受けた中小企業者は、認定を受けた計画に従って、他の法人の株式等の取得(購入による取得に限る)し、その取得日を含む事業年度終了日まで引き続き株式を保有している場合、その株式等の価格の低落による損失に備えるため、その株式等の取得価額の70%以下の金額を「中小企業事業再編投資損失準備金」として積み立てたとき、その金額を、その事業年度において、損金算入できることになります。

この「中小企業事業再編投資損失準備金」は、その株式等の全部又は一部を有しなくなった場合、その株式等の帳簿価額を減額した場合等において取り崩すほか、その積み立てた事業年度終了日の翌日から5年を経過した日を含む事業年度から5年間でその経過した準備金残高の均等額を取り崩して、益金算入することとなります。

以上が、税制改正に記載された内容になりますが、よりシンプルにお伝えすると、「法律の認定を受けた中小企業がM&Aで株式を購入したら、その70%以下を準備金として積み立てると損金算入できる」という制度になります。

地域の中小企業M&A市場への影響

「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」による地域中小企業M&A市場における影響についてですが、次のことが考えられます。

①買手企業優遇施策で中小M&Aが増加する?

「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」は読んで分かるとおり、M&Aにより株式を取得する企業=買手企業への支援が主な内容となっています。「株式取得価格の70%の損金算入」が認められると、税効果分だけ投資初年度の投資資金が軽減されるため、買手企業にとって買収決断の大きな後押し材料になり、買手企業の購入意欲の向上が期待されます。結果として、M&A件数の増加が見込まれます。

副次的な効果として、M&A実行期に多額の損金が計上され、買手企業の株価が下がり、株価低下により親族内の事業承継の加速化も見込まれる可能性があります。税務上の株価が下がることで、贈与税額が下がるため、親族内承継を進めることの後押しになります。ただし、M&Aによるシナジー効果等、本来の中小企業がM&Aを行う目的(本制度の場合、経営資源の集約化による事業再構築を通じた生産性の向上)をきちんと見定めることが必要だと考えます。

②「計画認定」と「M&A取引」のタイムスケジュールをどう考えるか

本制度を利用する際、改正中小企業等経営力強化法による計画認定を受けた後に、株式取得をする必要があります。M&Aに関わった方は理解できると思いますが、M&Aのスケジュールはタイトかつ流動的です。買手企業の理由で「計画認定を待ってから」とM&Aスケジュールを引き延ばした場合、それを売手企業の経営者がどう受け取るかは分かりませんし、スケジュールが延びる場合でもその間に交渉が決裂しないように、スケジュール・交渉の上手なマネジメントが必要になります。

いずれにしても、申請手続きによる事務コストが発生しますので、タイムスケジュールをきちんと考え、計画的に取得する必要があります。加えて、M&Aで取得した株式を売却した場合や、保有し続ける場合でも6年目以降は損金算入額を益金算入することが必要(法人税等の支払いが必要)であるため、慎重に検討する必要があります。

■おわりに

今回は、令和3年度税制改正における「中小企業の経営資源の集約化に資する税制」に注目し、その制度の概要を説明し、地域の中小企業M&A市場への影響を説明しました。「株式取得価格の70%の損金算入」という大胆な制度であり、地域中小企業のM&A活用の更なる促進が期待される一方、その利用目的や発生する事務手続きについては、よく検討する必要があります。今後、制度詳細が公表されますので、詳細をよく研究したうえで、有効な活用が望まれます。

< 前のページへ