055-956-3909

受付時間:平日9:00〜17:00

お問い合わせ
ハンバーガーメニュー
閉じる

BLOG

お知らせブログ

会社譲渡(M&A)のメリット・デメリットは?

M&A
2021.06.02

現在のM&Aは後継者不足などの諸課題を解決する策として中小企業にとっても有効な手段となっています。M&Aを実施すれば経営者は多額の現金を獲得できたり、スピーディーに経営戦略を遂行できたりするなど、さまざまなメリットを享受できます。

しかし、M&Aにはデメリットも存在し、成功させるためにはデメリットについても把握しておく必要があります。

M&Aにおけるデメリットを紹介する前に、まずはM&Aのメリットを簡単に紹介していきます。M&Aの売り手は後継者不足の解消などで会社を存続させ、それに伴って従業員も守ることができます。また、会社を売ることで経営者は現金を手にすることができ、老後の資金を用意する意味でも非常にメリットがあります。次に買い手の場合は、事業エリアの拡大や技術力の向上などを比較的簡単に成し遂げることができます。

M&Aにおけるデメリットは、希望条件の合致した買い手を見つけるのが容易ではない、従業員の離職、取引先からの契約解除などがあります。これらは、事前に予測できるデメリットでもあり、事前に対策をしておくことで防ぐこともできます。

M&Aは企業価値を高めるために行われます。

その結果として買い手企業は少ない手続きで大きなリソースを、売り手企業は安定した経営基盤を得ることができます。そして経営者は作り上げた会社に応じて大金を得られます。M&Aはお互いにメリットがあるから行うので基本的にはメリットが多いです。デメリットに関してはご覧いただいたように準備不足と見通しの甘さ、M&A会社選びの失敗が大きな原因です。しっかり企業に寄り添って手厚くサポートしてくれるM&Aアドバイザリーを選べば間違いなく回避できるものばかりです。

<取るべき行動>

  1. ①手厚くサポートしてくれるM&A会社を探す
  2. ②長い目で準備を行っていく(早すぎることは1つもありません)
  3. ③情報収集
  4. ④ひとりで考えない

<避けたい行動>

  1. ①安易にM&A会社とアドバイザリー契約をしない
  2. ②企業同士だけでM&Aを進めない
  3. ③先送りにしない

あなたの会社がどのような状況でどんな価値があるのか詳しく知りたいなら是非M&A仲介会社への相談をおすすめします。

M&Aメリットとデメリット
M&Aメリットとデメリット

静岡ビズコネクトセンターは、静岡県内の中小企業に特化したM&A事業承継専門会社です。ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

< 前のページへ